2013年1月27日日曜日

ケアプラン


介護保険サービスを利用する際のケアプラン(介護サービス計画)は、
ケアマネに依頼しないで、サービス利用者本人やその家族が計画を立てることもできます。

しかし、自分で・自分たちでケアマネジメントをやるということは
計画書をはじめとした様々な書類の作成や、サービス事業所とのやりとりを、
自分で・自分たちでやることになるので、たいへんです。

なので、ほとんどの人は、ケアマネと契約して、
そこらへんのことを全てケアマネに依頼しています。

でも、自分でやるのはたいへんだからケアマネに依頼している、と言うよりも、
そもそも、自分でやってもいいということを知らずに、
そういうことはケアマネがやるのだと思い込んで、
ケアマネに依頼しているケースがほとんどのように感じます。

先日役所に行ったら、ケアプランに関しては、
自分で計画書を作れるということは一言も説明されずに、
ケアマネと契約してケアプランの作成を依頼してくださいと言われましたし。

まあ、実際自分で・自分たちでやるとなったらめんどくさいです。
こういう説明の仕方にまってしまうのも仕方ない。

でも、自分で・自分たちでケアプランを作るケースが少ない要因は、
みんながそれがたいへんだから、ということを知っているからではなく、
そもそも自分で・自分たちでできるということを知らないから、
だと思うんですよね。

家族が介護を要する状態になったとき、
あるいは自分自身がそうなったとき、
もちろん、計画書等の作成をケアマネに依頼するのは、いいと思います。
なにしろ、専門家ですから。
でも、選択肢はそれだけじゃないと。
自分のこと・家族のことは、他人に丸投げしたくない。
自分たちの生き方は、自分たちで決めたい。
そう言う場合は、自分たちで計画を立てて、
介護保険サービスを利用することもできます。

こちらでケアプランの自己作成について丁寧に解説されています。
興味のある方はどうぞ。
HOME of 全国マイケアプラン・ネットワーク
http://www.mycareplan-net.com/





ケアマネの資格を持ってるし、
自分で母のケアプランを作ってみようかと考えています。
父はそうしてくれるとありがたいと言っています。
母本人にはまだ話をしていないので、
こちらに転院してきたら、話し合ってみようかなと。

自分で計画を立てる・家族がケアプランを立てることは、当然、
メリットもあれば、デメリットもありますし。

そういう選択肢もあるよってことだけでも伝えておきたい。