2013年4月29日月曜日

母が退院しました

4月10日に母が退院しました。
およそ3ヶ月半。
長かったような、
あっと言う間だったような。

退院してすぐに、ケアマネを決めたり、
近所のクリニックの医師や理学療法士に話を聞いたり、
福祉用具のお店に住宅改修の話を聞いたりしました。

当初は、ベッドをレンタルしようかと考えていましたが、
床置き型の手すりを置けば布団でも全く問題ないので、
手すりをレンタル。
こんなかんじのです↓

あとは、お風呂で身体洗う用のしっかりしたイスと、
浴槽に入る時に中に入れておく台を購入。
こんなかんじのです↓

翌週から、週2回の訪問リハビリと、
週1回の訪問介護(デイサービス)が始まりました。

デイサービスと言っても、
半日でリハビリをメインに行うところです。
最近そういうデイサービスが増えてるみたいです。
母みたいに、後遺症が軽くてある程度のことは自分でできるけど
リハビリをしたい(続けたい)人にぴったりなところだと思います。

お風呂は一人で入るのが心配みたいで、父と入ってますが、
それ以外の身の回りのことは、だいたい自分でできているみたいです。
先週くらいから、食事の支度もしています。
ちょっと見ただけだと、脳梗塞の後遺症があるなんてわからないくらい、
普通に生活しています。

左半身はよく動かせているように見えるのですが、
「感覚」が鈍くなっているみたいで、
例えば、手に関して、
握った、と思ったら握ってなかったり、
放した、と思ったら放してなかったり、
みたいなことがあります。
あとは、重いものを持つのがたいへん。

階段の上り下りは、病院ではできていたのですが、
家の階段は、一段が高くて尚かつ段の幅が狭いので、
うまく上れないみたいです。
ここだけそのうち手すりをつけようかと、
話し合っています。

退院前は、みんなでいろいろ心配してましたが、
けっこうどうにかなっているので、
新発田病院でリハビリを始める前に決めた目標、
「パリのカフェでお茶をする」は、
そう遠くない将来実現できそうなかんじです。